デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メイドの唇は気持ちいい

ユキはハアハアという息づかいで顔を赤くしている
パンティの脇から指を入れて、直接、アソコをいじる。



パンティごしにじらされていたアソコからは愛液がにじみ出ていて、
指が動くたびにちゅぷちゅぷといういやらしい音をたてた。

ユキは目を閉じて、俺によりかかっている。


「きこえる?えっちな音がするよ。」
「やだぁ・・・。」


耳元でささやくと、足を閉じて、俺の手をしめつけた。


「足、開かないと、気持ちよくできないよ?」


しめつけられながらも、メイド服の上から、乳首を指ではじき、
アソコをなぞる指を小刻みに動かすと、ユキがおずおずと足を開いた。


「イイコだね。」


窮屈な指の動きを自由にするため、パンティの脇から指を抜き、パンティを下ろした。
ユキの足をM字に開いて支え、姿見の前に連れて行く。


「ほら。淫乱なメイドのアソコから、えっちなお汁が流れてるよ。」


鏡にはM字に足を開かれて、アソコを丸出しにしたメイド姿のユキの姿が映っている。


「いや。やだ。恥ずかしいよ・・・。」


ユキは目を閉じて、イヤイヤをする。


「ご主人様って呼んで、ご奉仕してくれたら、止めるよ?」


耳元できくと、ユキは目を閉じたまま、叫んだ。


「するよ!するから、おろしてぇ!」


俺はユキを下ろして、下半身裸になって、ベットに腰かけた。


「はい、どーぞ。」

「もう・・・。」


ユキは涙目で俺をにらみ、俺の脚の間にひざまずいた。
俺のペニスの根元に両手を添え、ゆっくりと口に含む。


あたかかくてやわらかいユキの口内につつまれたペニスは気持ちよさに脈打った。
ユキは口から出しながら、ペニスに巻きつけるように舌を絡ませる。
また口の奥に入れるときには、口の中で、カリや裏筋を舌でなぞった。


「気持ちいいよ。」


ヘアキャップをしたユキの頭をそっと撫でると、
しゃぶりながらユキが上目づかいでこっちをみた。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。