デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マサユキのごつい指先が私の中に

マサユキが突然、あたしのアソコのワレメを指でなぞった。


「あっ。」

「まだあんまり濡れてないな。」


マサユキはあたしの愛液がついた指をあたしの口の中につっこんだ。
舌でマサユキの指を舐めていると、口中に唾液があふれてくる。

マサユキの指はあたしの愛液の味がした。
あたしのよだれまみれの濡れた指をマサユキはあたしのワレメに差し込む。

つぷつぷ・・・。



じわじわと飲み込まれていくマサユキの指をあたしのアソコは、
まとわりついて逃がさないようにしている。


男らしいごつい指があたしの中に入って、
ほんの少し動くだけで、あたしの中に快楽が広がる。


アソコの最奥を探索していた指は、じょじょにひきだされて、
第一関節くらいまできたところで、また奥へと侵入していく。


「は・・・あん・・・。」


室内の明かりは煌々とついていて、あたしのアソコがマサユキの指を
おいしそうに飲み込んでいるのがよく見える。


ちゅぷちゅぷ・・・あたしのアソコが悦びのあまり、
半透明な愛液をたらしだしたところで、マサユキは指を抜いた。


「ほら、あとは自分でやれよ。」


マサユキはあたしの手をとって、指をアソコに導いた。
物足りなくてひくひくいっているアソコに自分の指を入れる。


あたたかくて狭いそこは十分に湿っていて、もうバイブも飲み込めるような気がしたけど、
念のため、さらに濡らしておくことにした。



自分のアソコに人差し指と中指を入れて、ゆっくりと出し入れする。
それだけじゃ、マサユキの指が与えてくれた快感には遠くおよばないので、
反対の手の人差し指でクリトリスも刺激した。


「は・・・ん・・・。」


あたしの真正面に座って、それを観察していたマサユキがあたしのおっぱいに手をのばした。


「物足りなさそうだから、手伝ってやる。」


両方の乳首を指でくりくりとなぶる。
あたしのアソコから愛液があふれだしてきて、もう指だけでは物足りなくなってきた。


「もうそろそろいいんじゃないの?」



マサユキがあたしの手にバイブをもたせる。
あたしはバイブの先端でワレメをなぞった。

※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。