デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

淫乱な私を彼は知っている

俺は放課後の部室で、裸のユキの体を後ろから抱きしめた。
やわらかくてすべすべのユキの体はとても抱き心地がいい。
ひざの上に乗せて、乳首をくりくりともてあそびながら、首筋を舌で舐めあげた。





トオルがユキの前に座って、ユキのアソコを舐め始めた。


「あ・・・あん・・・。」


ユキはアソコを舐められるのが好きだ。
ちょっと舐められただけで、すぐに愛液をあふれさせる。
俺はユキを振り向かせて、舌を絡めた。


「あふ・・・ん・・・。」


ちゅぷちゅぷとどちらの口からもいやらしい音をさせているユキは
力が抜けて、ぐんにゃりとしている。

部室の中には、ひざまずいてケンジのペニスを舐めているサクラとその
サクラに後ろからペニスをつっこんでいるマサルがみえる。





「なあ、どっちから入れる?」


トオルがユキのアソコから口をはなして、俺にきいた。


「ん。オマエからでいいよ。」


ユキのおっぱいをもみながら答えると、トオルはズボンからペニスをひきだした。


「ユキちゃん、舐めて?」


ユキは素直にトオルのペニスを舐める。
俺はぐちょぐちょのユキのアソコに指を入れて、
トオルのペニスが入っても痛くないようにアソコを緩める。



中指を入れてぐりぐりとまわしてひろげて、
人差し指を増やしてなじませて、反対の手でクリトリスをツメで軽くひっかくようにする。


「あ・・・んん・・・。」


トオルのペニスを舐めながら、ユキは体をぴくぴくとふるわせる。



※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。