デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見てしまった友達のアレ

私たちカップルは友人カップルと一緒に、キャンプに来ました。
夜遅くなって、彼をトイレに付き合わせた帰り、ぱんぱんという音がきこえて、
ぼんやりと白い裸体が浮かんでいるのが見えたんです。


遠くに見える人影をよく見ると
それは裸にされた由美子と服を着てペニスだけを出して挿入している裕一でした。



由美子は木につかまって後ろからペニスを入れられていて、
裕一は由美子のおっぱいを後ろから両手でつかんで、腰を激しくふっています。


「やだ・・・こんなところで・・・みられちゃうよ・・・。」

「そんなこといって、いつもよりぬれてるし、よくしまってるぜ。」


ぱんぱんと腰を打ち付ける音にまぎれて、ぐちゅぐちゅという音もきこえてきました。


「すげぇ・・・。」


後ろに立っていた私の彼のサトシがつぶやいて、私に抱きついてきました。


「ちょ・・・何?」


私が抵抗するより早く、サトシの右手が私のパンティの中に入り、
オシッコを出し終わったばかりのワレメをなぞりました。



左手も服のすそから入り込んでノーブラだったおっぱいを直接つかみ、
立ってしまっていた乳首を指でつまみました。


「ユキだって、コーフンして、こんなになってんじゃん。」



指でワレメからあふれた愛液をなぞられて、乳首をくりくりとされると、もう抵抗できません。


「ね・・・しよ。」


サトシが耳の中に舌を入れて舐めると、ここが外だとか、誰か通るかもとか、
由美子たちにみられるかもとか、そういうことは考えられなくなりました。


「ほら、あいつらみてみろよ。」


サトシが耳元でささやくので、顔をあげると、裕一が由美子の片足をもちあげて、
結合部を丸出しにしてヤってました。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。