デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そんな関係でなかったはずなのに

「オイ、ユキ、そのバイブでオナニーしろよ。」


ビールを飲みながら、テレビのチャンネルをかえろっていうみたいに、マサユキはいった。



あたしはテーブルの上におかれたピンク色のバイブをみつめる。
そのバイブはちょっと変わった形をしていた。


あたしの知っているバイブは、おちんちんの形をしたところとに
クリトリスを刺激するバイブがちょこんと付いているものだが、
そのバイブは、大きな棒が2本ついている。


「やらないなら、帰るぞ。」


向かいあったソファにどっかりとこしかけて、
ビールの瓶を手に持ったマサユキがせかす。


「やるわ。やるから帰らないで。」


最初につきあってほしいといってきたのはマサユキだったはずなのに、
どうして二人の関係がこうなってしまったのかあたしには理解できない。


でも、あたしはどうしようもなくマサユキが好きで、
マサユキをひきとめておけるのなら、なんだってしてしまう。


惚れた女の性だろうか、それでも良いと思ってしまう。
あたしはパンティを足元に脱ぎ捨てた。


「どうせだから、全部脱がせてやる。」


マサユキはビール瓶をテーブルにおくと、あたしに近寄ってきて、
シャツとブラジャーを脱がせた。


あたしは破かれたくなかったので、自分からスカートを脱いだ。



レザーのソファに全裸で座っていると、
これが現実じゃないような気がしてくる。


「よくみえるように、大きく足を開け。」




マサユキの注文どおり、あたしは座っていたソファに足をのせて、
アソコがまるみえになるようにぐっと足を開いて。
自分から、小陰唇のヒダを広げて、マサユキに見えるようにした。

※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。