デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見てしまった友達のアレ

私たちカップルは友人カップルと一緒に、キャンプに来ました。
夜遅くなって、彼をトイレに付き合わせた帰り、ぱんぱんという音がきこえて、
ぼんやりと白い裸体が浮かんでいるのが見えたんです。


遠くに見える人影をよく見ると
それは裸にされた由美子と服を着てペニスだけを出して挿入している裕一でした。



由美子は木につかまって後ろからペニスを入れられていて、
裕一は由美子のおっぱいを後ろから両手でつかんで、腰を激しくふっています。


「やだ・・・こんなところで・・・みられちゃうよ・・・。」

「そんなこといって、いつもよりぬれてるし、よくしまってるぜ。」


ぱんぱんと腰を打ち付ける音にまぎれて、ぐちゅぐちゅという音もきこえてきました。


「すげぇ・・・。」


後ろに立っていた私の彼のサトシがつぶやいて、私に抱きついてきました。


「ちょ・・・何?」


私が抵抗するより早く、サトシの右手が私のパンティの中に入り、
オシッコを出し終わったばかりのワレメをなぞりました。



左手も服のすそから入り込んでノーブラだったおっぱいを直接つかみ、
立ってしまっていた乳首を指でつまみました。


「ユキだって、コーフンして、こんなになってんじゃん。」



指でワレメからあふれた愛液をなぞられて、乳首をくりくりとされると、もう抵抗できません。


「ね・・・しよ。」


サトシが耳の中に舌を入れて舐めると、ここが外だとか、誰か通るかもとか、
由美子たちにみられるかもとか、そういうことは考えられなくなりました。


「ほら、あいつらみてみろよ。」


サトシが耳元でささやくので、顔をあげると、裕一が由美子の片足をもちあげて、
結合部を丸出しにしてヤってました。

PageTop

いやっ、立てない私

サトシは私が呆然としているうちに、パンティを足首まで下ろして、ワレメを舐め始めました。
クリトリスからアナルまで、動物のように乱暴にれろれろと舐めまくるのです。


さっき、トイレにいっておしっこしたばかりなのに。
私は声がもれないように左手で、自分の口を押さえ、
右手でサトシの頭を押さえて倒れないようにしました。


ちゅ・・・くちゅ・・・と私のアソコからもいやらしい音がしています。


サトシの指が入ってきて、出し入れされると、立っているのがつらくなりました。


「ふ・・・あ・・・。」




出し入れされる指は二本になって、さらに奥まで私のアソコをえぐります。
愛液は太ももを伝って、それをサトシが舌で舐め上げました。


「だめぇ・・・。」


サトシは指をぬいて、足首にあったパンティとスカートを脱がせて、
私の下半身を露出しました。


「やだ・・・。こんなのいや・・・。」


アソコを両手で隠して、スカートをとろうとかがんだところを押し倒されて、よつんばいにさせられました。
後ろから三本の指をアソコに入れられて、クリトリスも指でぐりぐりと刺激されていると立ち上がることができません。


「や・・・だめ・・。あん・・・。」



サトシはちゅくちゅくと私のアソコを愛撫した後、そっとペニスをアソコに挿入しました。


「ああ・・・やあ・・・。」


サトシが全部根元までペニスを入れた後、


「ユキ、顔上げてみてみろよ。」


というので、閉じてしまっていた目を開くと、すぐ側に服を着た由美子と
ペニスをしまった裕一がいて、私たちをみてました。


「いや!ひどいよ、サトシ!抜いてえ!」


私がサトシの方をみて、抵抗すると、由美子がTシャツの上から私の両方の乳首をきゅっとつまんで、


「さわいだら、知らない人が来ちゃうよ?」


とささやきました。

PageTop

今度は見られるなんて

私は由美子にTシャツを脱がされて、全裸にされると、座ったサトシに後ろから抱きしめられて、
二人にもっとよく見えるように、両足を大きく開かれて、おっぱいをもみしだかれました。



「あ・・・やだ・・・恥ずかしいよ。」


「ユキちゃん、すっげえ濡れてるね。」


裕一がまじまじと私たちがつながってるところをみていて、私は目を閉じました。


「ユキ、そんなしめつけんなよ。」


サトシが耳元でささやきます。


「ユキってしまりがよさそうだよね。」



由美子が私のクリトリスを冷たい指でなぞりながら、私にキスしました。


「あふ・・・。」


私は快感と羞恥でイってしまい、体をびくびくと震わせながら、サトシのペニスをしめつけました。


「かわいい・・・。」


由美子が私のほほを指でなでます。


「は・・・。」




うっすらとにじんだ私の涙をサトシが舌で舐めて、


「いつもより具合がいいよ。」


とにやにやしました。


「ユキちゃんがエロいから、もいっかいしたくなってきたなあ。」


裕一が由美子のおっぱいを服の上からもみしだいて、由美子が私から離れました。
サトシが激しく腰を打ちつけ始めて、私は快楽の渦にまきこまれていきます。


「あ・・・あん・・・やだ・・・またイっちゃう。」

「・・・イけよ・・・。」


さらに、サトシの腰の動きが激しくなって、頭の中が真っ白になりました。


「しまる・・・。」



ぎゅうっとしめつけた私のアソコの最奥に、サトシの精子が吐き出されて、
ぐったりと重なった二人は、
再開された由美子たちのセックスをまた見学することになったのでした。

PageTop
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。