デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いつものメイドコスプレで

彼女のユキと俺の部屋で二人きりになると、
俺はいそいそとメイド服を取り出す。


「またそれ着るの?」




呆れたようにユキはいうが、にっこりと笑ってうなずくと、それ以上の文句はいわない。
ユキのセミロングの黒髪に、メイド服がよく似合う。


本当にこんなメイドさんがいそうなくらい正統派のメイド姿だ。
白いエプロンと白いヘアキャップがますます萌える。
しかも、メガネつきだ。


ユキは着替え終わると、狭いキッチンに立ち、紅茶を入れてきてくれた。
メイド姿で上品に紅茶を飲むユキは、ちょっぴり頬を染めて、俺の方をみた。


「何?」




じぃっとみつめていた俺はユキの後ろにぴったりくっついて座り、おっぱいを両手でわしづかんだ。
メイド服ごしに、やわらかなおっぱいの感触が手になじむ。


「ノーブラだね。」

「ん・・・。あなたがブラつけるなっていうからでしょ。」


ユキは体をよじって、俺の手をかわそうとする。


「かわいいよ。」


首筋にちゅっちゅっとキスをして、メイド服を押し上げている乳首を指でつかんで
クリックリっと愛撫していると、ユキはおとなしくなった。

「ねえ、もうガマンできないよ。」

わざと耳元に息を吹き込むようにささやくと、ユキはぶるっと体を震わせた。



エプロンとスカートをまくり、白いパンティの上からアソコのワレメを指で強くなぞる。


「しめってるよ。」


パンティの湿り気はなぞられるたびに、広がっていき、ユキの息も荒くなってきた。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

メイドの唇は気持ちいい

ユキはハアハアという息づかいで顔を赤くしている
パンティの脇から指を入れて、直接、アソコをいじる。



パンティごしにじらされていたアソコからは愛液がにじみ出ていて、
指が動くたびにちゅぷちゅぷといういやらしい音をたてた。

ユキは目を閉じて、俺によりかかっている。


「きこえる?えっちな音がするよ。」
「やだぁ・・・。」


耳元でささやくと、足を閉じて、俺の手をしめつけた。


「足、開かないと、気持ちよくできないよ?」


しめつけられながらも、メイド服の上から、乳首を指ではじき、
アソコをなぞる指を小刻みに動かすと、ユキがおずおずと足を開いた。


「イイコだね。」


窮屈な指の動きを自由にするため、パンティの脇から指を抜き、パンティを下ろした。
ユキの足をM字に開いて支え、姿見の前に連れて行く。


「ほら。淫乱なメイドのアソコから、えっちなお汁が流れてるよ。」


鏡にはM字に足を開かれて、アソコを丸出しにしたメイド姿のユキの姿が映っている。


「いや。やだ。恥ずかしいよ・・・。」


ユキは目を閉じて、イヤイヤをする。


「ご主人様って呼んで、ご奉仕してくれたら、止めるよ?」


耳元できくと、ユキは目を閉じたまま、叫んだ。


「するよ!するから、おろしてぇ!」


俺はユキを下ろして、下半身裸になって、ベットに腰かけた。


「はい、どーぞ。」

「もう・・・。」


ユキは涙目で俺をにらみ、俺の脚の間にひざまずいた。
俺のペニスの根元に両手を添え、ゆっくりと口に含む。


あたかかくてやわらかいユキの口内につつまれたペニスは気持ちよさに脈打った。
ユキは口から出しながら、ペニスに巻きつけるように舌を絡ませる。
また口の奥に入れるときには、口の中で、カリや裏筋を舌でなぞった。


「気持ちいいよ。」


ヘアキャップをしたユキの頭をそっと撫でると、
しゃぶりながらユキが上目づかいでこっちをみた。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

幸せだ幸せだ、かなりクる

メガネメイドのフェラチオはかなりクる。



ユキは玉袋をやわらくもみながら、ちろちろと舌をペニス全体にはわせる。
蟻の門渡りを指先でそっとなぞり、ちゅぷっと亀頭を咥え、れろれろと舌で舐めまわす。
サオを両手でしごきながら、咥えられたまま、舌で亀頭を愛撫されると、かなりヤバイ感じだ。


「もういいよ。」


あわてて、ユキを止めて、ベットに仰向けに寝かせた。
足を大きく開かせて、ユキの細い手を自分のアソコに導いた。


「しゃぶりながら、濡れちゃったみたいだね。ほら、さわってごらん。」


ユキは自分の指でアソコをさわり、あまりの濡れ具合におどろいたようだった。
そのまま、ユキの指をアソコの中に入れさせ、俺の指も一緒に入れる。


「んん・・・あ・・・。」



ぐちゅぐちゅと指を出し入れすると、ユキがあえぎはじめた。
クリトリスも指で刺激しながら、アソコに入れる指も増やす。


「ああ、もうぐちゅぐちゅになっちゃったね。」

「ああ・・・あっ・・・。」


アソコは指をしめつけて、物足りなそうにしている。


「ペニスを入れてほしかったら、ご主人様のペニスをお入れくださいっていって?」


指を動かしながら、気持ちよさそうなユキの顔を眺める。
清純そうなユキがメガネをかけたまま、髪を乱して、メイド姿であえいでいる姿は何度見ても興奮する。



ユキは真っ赤な顔で俺をみて、


「ばかぁ・・・。」


と小声でいった。
指の動きを大きくしながら、


「いわないと、ずっとこのままだよ?」


というと、ユキは横を向きながら、


「ご、ご主人様の・・・ペ・・・ニスをお入れ・・・ください・・・。」


と小声でいった。


「たっぷり入れてあげるよ。」



ユキが最後の言葉をいうと、すぐに、硬くそそり立ったペニスをユキの中に突き刺した。


「あああ・・・・ん・・・。」


ユキは衝撃に体をのけぞらせる。
奥まで入れたところで、涙ぐんでいるユキにキスをした。

舌を絡めているうちに、ちゅぶちゅぶと唾液がしたたりおち、ペ
ニスを咥えこんでいるアソコも緩んできた。

キスをしたまま、ゆっくりとうごきだすと、ふさがれた唇からあえぎ声がもれはじめる。


「は・・・あ・・・ふ・・・。」



唇をはなして、ユキのヒザの下に手を入れ、ユキの足を肩に抱えあげた。
さらに奥までペニスを入れると、悲鳴のようなユキの嬌声があがる。


「ああ・・・あう・・・あん・・・。」


何度も何度もユキの最奥にペニスを打ちつけ、
ユキのアソコがぎゅうっとしまったところで、どぴゅっと精液を吐き出した。




※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。