デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

淫乱な私を彼は知っている

俺は放課後の部室で、裸のユキの体を後ろから抱きしめた。
やわらかくてすべすべのユキの体はとても抱き心地がいい。
ひざの上に乗せて、乳首をくりくりともてあそびながら、首筋を舌で舐めあげた。





トオルがユキの前に座って、ユキのアソコを舐め始めた。


「あ・・・あん・・・。」


ユキはアソコを舐められるのが好きだ。
ちょっと舐められただけで、すぐに愛液をあふれさせる。
俺はユキを振り向かせて、舌を絡めた。


「あふ・・・ん・・・。」


ちゅぷちゅぷとどちらの口からもいやらしい音をさせているユキは
力が抜けて、ぐんにゃりとしている。

部室の中には、ひざまずいてケンジのペニスを舐めているサクラとその
サクラに後ろからペニスをつっこんでいるマサルがみえる。





「なあ、どっちから入れる?」


トオルがユキのアソコから口をはなして、俺にきいた。


「ん。オマエからでいいよ。」


ユキのおっぱいをもみながら答えると、トオルはズボンからペニスをひきだした。


「ユキちゃん、舐めて?」


ユキは素直にトオルのペニスを舐める。
俺はぐちょぐちょのユキのアソコに指を入れて、
トオルのペニスが入っても痛くないようにアソコを緩める。



中指を入れてぐりぐりとまわしてひろげて、
人差し指を増やしてなじませて、反対の手でクリトリスをツメで軽くひっかくようにする。


「あ・・・んん・・・。」


トオルのペニスを舐めながら、ユキは体をぴくぴくとふるわせる。



※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

彼の言いなりでどうしようもない

指が三本入って、スムーズに出し入れできるようになると、トオルが、


「もういいかな?」


と俺にきいた。


「たぶんね。」


俺がユキのアソコから指を引き抜くと、トオルはユキの向きを変えて、
後ろからペニスを挿入した。


「あ・・・あん・・・。」


ユキは気持ちよさそうに、トオルのペニスを受け入れている。
俺はユキの乳首をきゅっとつまんで、入れられているユキの顔を眺めた。


「あいかわらず、キツくて、あついね。」


ペニスを根元まで入れ終わったトオルは、
ユキのウエストをつかみながら、ため息混じりにつぶやく。


「俺のしゃぶりたい?」


俺はユキの顔の前に、ペニスをつきだした。





ユキはトオルのペニスを入れられながら、俺のペニスをフェラチオしだした。
ちゅくちゅくとペニスを咥えているユキは、

普段のマジメそうな姿がウソみたいに淫乱にみえる。





うるんだ瞳や紅潮した顔、飲み込みきれなかった唾液が口のはしからたれて、
おいしいものを食べているかのように夢中で
ペニスをしゃぶっているところはとてもいやらしい。


「動くよー。」


トオルがゆるゆると腰を動き出すと、ユキの眉が寄せられた。


「あ・・・あは・・・。」


苦しんでいるかのような表情は、時折もれるあえぎ声で、悦びの表情なのだとわかる。
ゆすぶられる反動で、俺のペニスを傷つけてしまわないように、
ゆるめに歯があたらないようにあけられた口と手の動きのもどかしさが、
逆に俺の快感を高めている。



おっぱいをつつんでいる両手の指は、トオルの腰の動きにつられて、
乳首をこすって、ユキの絶頂を早くした。


「もうイっちゃう・・・。」


ユキは俺のペニスを握り締め、体をのけぞらせた。


「ユキちゃん、締めすぎ・・・。」


顔をしかめたトオルはユキの締めつけに耐え切れずに、出したらしい。


「早くねえ?」


俺がひやかすと、トオルはペニスとアソコをティッシュで拭きながら、


「ユキちゃんが名器なの!」


とくやしそうに答えた。


「ユキ、来いよ。」



俺が声をかけると、ユキは自分から、俺のヒザの上にのってきた。
ヒザ立ちの姿勢から腰を落として、自分で俺のペニスをアソコに入れる。


「気持ちいい・・・。」


ユキのささやきが耳元できこえて、ぞくぞくする。



※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

たくさん気持ちよく

抱き合うような対面座位の体勢で、ペニスがユキのアソコに入ったところで、
下からゆっくりと突き上げる。





「あっ・・・あ・・・いい・・・。」


一度トオルのペニスでイったあとのユキのアソコは
多少乱暴な動きをしても、十分に対応してくれる。
俺は自分の気持ちいいように、がんがん動かした。


「やだ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・。」


「ユキちゃん、してくれる?」



マサルがユキの顔の横にペニスを突き出し、ユキは片手でそれをしごきだした。
ユキがやりづらそうなので、俺はつながったまま、ユキの向きをかえた。


「ああん・・・。」


ぐりんと動かされて、ユキは嬌声をあげる。
後ろから入れられる形になったユキの前に、マサルが立ち、ペニスをしゃぶらせる。
俺はユキがフェラチオしやすいように、ゆったりとした動きで後ろから腰をうちつけた。





物足りないのか、ユキの腰もいっしょに動いている。
ユキは手でしごきながら、口でペニスを出し入れさせている。


「ユキちゃん、上手いね。」


マサルはうっとりとした顔で、ユキのフェラチオを楽しんでいる。
俺はユキの脚を大きく広げて、結合部を丸見えの状態にして、
クリトリスと乳首をいじり始めた。
ペニスはアソコに根元まで入っているが、俺は動かさない。


「ふ・・・ん・・・。」


ユキのアソコは俺のペニスをしめつけるが、イけるほどの刺激はない。


「もうイきそうだ・・・。」


マサルがユキの口の中で射精し、ユキが精液を飲み込み終わったところで、
俺は激しいピストン運動を再開した。


「あっ・・・すご・・・いい・・・。」





ユキのアソコの中はきゅうきゅうと俺のペニスをしめつけ、
ユキがぐったりとしたところで、俺もようやくイくことができた。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。