デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そんな関係でなかったはずなのに

「オイ、ユキ、そのバイブでオナニーしろよ。」


ビールを飲みながら、テレビのチャンネルをかえろっていうみたいに、マサユキはいった。



あたしはテーブルの上におかれたピンク色のバイブをみつめる。
そのバイブはちょっと変わった形をしていた。


あたしの知っているバイブは、おちんちんの形をしたところとに
クリトリスを刺激するバイブがちょこんと付いているものだが、
そのバイブは、大きな棒が2本ついている。


「やらないなら、帰るぞ。」


向かいあったソファにどっかりとこしかけて、
ビールの瓶を手に持ったマサユキがせかす。


「やるわ。やるから帰らないで。」


最初につきあってほしいといってきたのはマサユキだったはずなのに、
どうして二人の関係がこうなってしまったのかあたしには理解できない。


でも、あたしはどうしようもなくマサユキが好きで、
マサユキをひきとめておけるのなら、なんだってしてしまう。


惚れた女の性だろうか、それでも良いと思ってしまう。
あたしはパンティを足元に脱ぎ捨てた。


「どうせだから、全部脱がせてやる。」


マサユキはビール瓶をテーブルにおくと、あたしに近寄ってきて、
シャツとブラジャーを脱がせた。


あたしは破かれたくなかったので、自分からスカートを脱いだ。



レザーのソファに全裸で座っていると、
これが現実じゃないような気がしてくる。


「よくみえるように、大きく足を開け。」




マサユキの注文どおり、あたしは座っていたソファに足をのせて、
アソコがまるみえになるようにぐっと足を開いて。
自分から、小陰唇のヒダを広げて、マサユキに見えるようにした。

※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

マサユキのごつい指先が私の中に

マサユキが突然、あたしのアソコのワレメを指でなぞった。


「あっ。」

「まだあんまり濡れてないな。」


マサユキはあたしの愛液がついた指をあたしの口の中につっこんだ。
舌でマサユキの指を舐めていると、口中に唾液があふれてくる。

マサユキの指はあたしの愛液の味がした。
あたしのよだれまみれの濡れた指をマサユキはあたしのワレメに差し込む。

つぷつぷ・・・。



じわじわと飲み込まれていくマサユキの指をあたしのアソコは、
まとわりついて逃がさないようにしている。


男らしいごつい指があたしの中に入って、
ほんの少し動くだけで、あたしの中に快楽が広がる。


アソコの最奥を探索していた指は、じょじょにひきだされて、
第一関節くらいまできたところで、また奥へと侵入していく。


「は・・・あん・・・。」


室内の明かりは煌々とついていて、あたしのアソコがマサユキの指を
おいしそうに飲み込んでいるのがよく見える。


ちゅぷちゅぷ・・・あたしのアソコが悦びのあまり、
半透明な愛液をたらしだしたところで、マサユキは指を抜いた。


「ほら、あとは自分でやれよ。」


マサユキはあたしの手をとって、指をアソコに導いた。
物足りなくてひくひくいっているアソコに自分の指を入れる。


あたたかくて狭いそこは十分に湿っていて、もうバイブも飲み込めるような気がしたけど、
念のため、さらに濡らしておくことにした。



自分のアソコに人差し指と中指を入れて、ゆっくりと出し入れする。
それだけじゃ、マサユキの指が与えてくれた快感には遠くおよばないので、
反対の手の人差し指でクリトリスも刺激した。


「は・・・ん・・・。」


あたしの真正面に座って、それを観察していたマサユキがあたしのおっぱいに手をのばした。


「物足りなさそうだから、手伝ってやる。」


両方の乳首を指でくりくりとなぶる。
あたしのアソコから愛液があふれだしてきて、もう指だけでは物足りなくなってきた。


「もうそろそろいいんじゃないの?」



マサユキがあたしの手にバイブをもたせる。
あたしはバイブの先端でワレメをなぞった。

※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop

イヤっ、そんなの入らない

自分の手じゃないっていうだけで、かなり気持ちがいい。
バイブを愛液で少し濡らしてから、膣口にあてがって、ぐぐっと押し込む。
指とはくらべものにならない充実感があたしを満たしていく。


「あ・・・ああ・・・。」




バイブはあたしの秘肉をかきわけて押し広げ、あたしの最奥に到達した。
そして、2本の棒で出来たあの変な形のバイブは
一本はヴァギナにもう一本は、アナルに差し込まれていく。


「あん・・・ん・・・。」


バイブの根元をもって、出し入れを繰り返しているうちに、だんだん高まってきた。

ビールを飲みながら、あたしの痴態をながめていたマサユキは、
急にあたしの中からバイブをひきぬいた。


もうちょっとでイきそうだったあたしは、ぼんやりとした目でマサユキをみる。
マサユキは飲み干したビール瓶の飲み口をあたしのアソコに近づけていた。


「え・・・ムリだよ!やめて!」


恐怖でわれに返ったあたしは、ヒザをマサユキにおさえつけられて、
ビール瓶の飲み口をアソコにくっつけられた。



濡れて冷たいビール瓶の飲み口はすぐに、あたしの中に飲み込まれた。


「や・・・やだあ・・・。」


目をあけると、あたしのアソコからは茶色いビール瓶が生えていて、
それをゆっくりとマサユキが動かしている。


「あ・・・いや・・・。」


ぐちゅぐちゅといういやらしい音が室内に響いて、収まりかけていた快感がよみがえってくる。


「へえ。ビール瓶でも気持ちいいんだ。」


からかうようなマサユキの口調に、頬かかあっとあつくなる。


「ちが・・・抜いてぇ・・・。」


恥ずかしさで首をふっても、マサユキは手を止めてくれない。

ビール瓶に愛液がつたいだして、マサユキがあたしの手にビール瓶をもたせると、
あたしは、もうイくことしか考えられなくなった。


「は・・・ああ・・・。」


マサユキの目の前で、自分の手でビール瓶をアソコに出し入れしながら、
痙攣してイってしまったあたしは、次はマサユキのペニスがほしいと願ったのだった。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。