デリヘル嬢ユキの官能小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たくさん気持ちよく

抱き合うような対面座位の体勢で、ペニスがユキのアソコに入ったところで、
下からゆっくりと突き上げる。





「あっ・・・あ・・・いい・・・。」


一度トオルのペニスでイったあとのユキのアソコは
多少乱暴な動きをしても、十分に対応してくれる。
俺は自分の気持ちいいように、がんがん動かした。


「やだ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・。」


「ユキちゃん、してくれる?」



マサルがユキの顔の横にペニスを突き出し、ユキは片手でそれをしごきだした。
ユキがやりづらそうなので、俺はつながったまま、ユキの向きをかえた。


「ああん・・・。」


ぐりんと動かされて、ユキは嬌声をあげる。
後ろから入れられる形になったユキの前に、マサルが立ち、ペニスをしゃぶらせる。
俺はユキがフェラチオしやすいように、ゆったりとした動きで後ろから腰をうちつけた。





物足りないのか、ユキの腰もいっしょに動いている。
ユキは手でしごきながら、口でペニスを出し入れさせている。


「ユキちゃん、上手いね。」


マサルはうっとりとした顔で、ユキのフェラチオを楽しんでいる。
俺はユキの脚を大きく広げて、結合部を丸見えの状態にして、
クリトリスと乳首をいじり始めた。
ペニスはアソコに根元まで入っているが、俺は動かさない。


「ふ・・・ん・・・。」


ユキのアソコは俺のペニスをしめつけるが、イけるほどの刺激はない。


「もうイきそうだ・・・。」


マサルがユキの口の中で射精し、ユキが精液を飲み込み終わったところで、
俺は激しいピストン運動を再開した。


「あっ・・・すご・・・いい・・・。」





ユキのアソコの中はきゅうきゅうと俺のペニスをしめつけ、
ユキがぐったりとしたところで、俺もようやくイくことができた。


※画像提供元:カリビアンコム 画像は、そのシーンがある動画に飛びます。

PageTop
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。